PIPIチャンネル

検査技師PIPIの”健康・美容・ダイエット知識”発信ブログ

治まらない肌荒れ!お肌ケアで一番大事な”落とすスキンケア”について!

こんにちは!

PIPIです

 

寒い毎日が続きますね。

ついに真冬本番がきた!という感じですね。

暦上でも2月3日まではまだまだ寒い時期が続くという事で、まだしばらく1か月程は乾燥もひどい時期という事になります。

 

そこで問題になるのが、乾燥した日々が続くと肌トラブルが増えてくるという事です!

このテーマの記事を書こうと思い立ったのも、筆者は今肌トラブルで大変困っております!!

 

肌が荒れてくるとテンションがく落ちしますよね....

筆者は食欲がなくなります。(ダイエッターには嬉しい)

真っ先に治さねば!と必死なんです。

 

そこで今回、スキンケアを見直していきたいと思います!

驚きな事実についてお話ししていきますよ~!

 

 

Contents

 

 

1 一番大事なケアは、クレンジング?

 

筆者はデパートコスメやスキンケアのお店へ行くと、お買い物のついでに店員さんとお話しして情報を仕入れるのが楽しくて好きです。

その時に仕入れてきた情報を共有してみたいと思います。

 

皆さんはスキンケアのどこにお金をかけますか?

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液....

工程をシンプルにしても女性が日々使うスキンケア用品は最低でも4つあります。

 

実はスキンケアで一番大切にしたい部分はクレンジングなんだそうですよ!

 

実際に筆者はクレンジングは蔑ろにしてしまってました。

なんとなく美肌への近道って化粧水や乳液などの”与える事”によって得られると考えがちじゃないですか?

 

お肌は本来、自らの力で皮脂や汗を出します。

皮脂や汗=水分や油分 という事になります。

スキンケアでいうところの化粧水や乳液の部分。

 

つまり、化粧水や乳液を与えなくとも、お肌とは本来自力で水分や油分を出し、お肌の状態を整えてくれる仕組みを持っているのです。

化粧水や乳液なんかは、お肌が持つ力の補助的役割を担うだけなんですってよ。

 

 

お肌が自力で出来ないこととは?

それを踏まえてお肌が自分自身で出来ないことというのが

付いてしまった汚れは落とせない」という事になります。

お肌はメイク汚れを自力で落とすことが出来ません。

よってクレンジング作業が一番大切ですよ!という話になります!

 

結論(スキンケアで一番大事なこと)

化粧水や乳液などの『与えるスキンケア』よりも

クレンジングや洗顔の『落とすスキンケア』を大事にすることが本当の意味での美肌への近道ということになります!

 

 

2 クレンジングは保湿力が大事

 

洗顔後ってお肌が突っ張る感覚ありませんか?

クレンジングではメイクをしっかり落とし、メイク以外は落としすぎなくていいんですけどね...

 

筆者が理想に思うクレンジングのポイントがこちらになります。

・メイクをしっかり落とす

・潤いを残す

・肌に摩擦などの刺激を与えない

 

今まで色んな商品を使ってみましたが、オイルタイプだとツッパリが気になったり、クリームタイプだと汚れがしっかり落ちてくれなかったり....

読者の中にも、オイルタイプとクリームタイプに対してこんなイメージありますよね?

 

この3つのポイントをクリアしていて、良いな!と感じたクレンジングについて以下に挙げていきたいと思います。

 

 

3 しっかり落とすのに突っ張らない!しっとり~!

 

筆者は1か月ほど前にとっても理想的なクレンジングクリームに出会うことが出来ました。

たまたまinstagramの広告で見かけたのがきっかけで”しっとり”という点に惹かれ購入してみたのですが、これが大正解。

それがこちらのDUOになります!

 

このDUOを使い始めてから肌荒れも改善されました。

おでこのプツプツがとっても嫌だったのですがこの変化です!

 

 

4 使ってみた感想

 

お値段は比較的安いのがまず嬉しかったです!

使い心地については本当に良くて、しっかり落としてくれるのにすすぎ後はしっとり~としているんです!

 

  

5 マスクによる肌トラブルが増えている今、スキンケアについて見直してみてはいかがでしょうか?

 

今年はマスクを毎日つけて過ごしているため、肌荒れを悩みに抱える人の数が増えているそうですよ。

マスクの繊維が肌にこすれることでそれが刺激になることや、布製マスクの場合洗いが甘いと衛生的に菌が繁殖し肌トラブルを起こしてしまうなんてこともあります。

 

肌トラブルも増えている今、スキンケアについてもう一度見直してみてはいかがでしょうか!